私達について

  1. Home
  2. >
  3. 私達について
About Me

日本リメディアルセラピー協会

協会について

日本リメディアルセラピー協会は、
代表 森岡 望 が日本でのリメディアルセラピー普及を目指し、2006年、日本で初めてリメディアルセラピー協会を発足させました。

JART-日本リメディアルセラピー協会

リメディアルセラピー協会発足の背景

日本ではセラピストというとカラダを癒してくれる存在であり、疲れたらマッサージに行くという流れが一般的な流れです。

しかし、オーストラリアではカラダをより良い状態にするために行く、という考えが一般的です。

つまり「マッサージ=疲れを取る」ではなく身体の力を向上させるためのもの、という認識なのです。

それくらい、セラピストはオーストラリアに暮らしている人々にとって自身の健康のため、なくてはならない存在となっています。

日本でも健康について近年関心が高まっていますが、マッサージ、ひいてはセラピストへの認識は「疲れを癒す」という存在のままです。

そんな現状のイメージを変えるため発足させたのが日本リメディアルセラピー協会です。

オーストラリアに数あるマッサージの中でも医療系マッサージとして高い信頼性とステータスを持っているリメディアルセラピー。

そのリメディアルセラピーを日本に広めることでマッサージひいてはセラピストのイメージ向上を目指します。

JARTのリメディアルセラピー

JARTで提唱しているリメディアルセラピーは医学的根拠に基づいた代替療法を行うということを目的としています。

医学とは

医学(いがく)とは、生体(人体)の構造機能疾病について研究し、疾病を診断治療予防する方法を開発する学問である[1]。 医学は、病気の予防および治療によって健康を維持、および回復するために発展した様々な医療を包含する。Wikipediaより

EBMとは

根拠に基づく医学ということです。

身体の不調に対しその不調の原因に対処する方法を検証し、適用する。そして適用した結果をクライアントと共にその適用結果を評価する。

このプロセスをEBMと言います。

つまり「医学的根拠を元にEBMに基づいた代替医療を行う」ということは

1.人体の持っている構造や機能に対し、

2.それに基づいた根拠のある方法で身体にアプローチし、

3.その結果をクライアントと評価する

この一連のプロセスを行う、それこそがJARTの提唱するリメディアルセラピーです。

具体的にどんな手法を使うの?

・筋膜リリース

・トリガーポイント

・ディープティシュー

・ソフトティシュー

・マッスルエナジーテクニック

・関節モビリゼーション

・クリニカルアセスメント

・姿勢・動きの見立て方

これらの手技を個人個人の身体の姿勢、動き方から(痛みなど身体の不調の)関連性を導きだし

身体に触れることで筋肉の緊張や張り具合など確認した上で施術内容を決定していきます。

「いいね」があつまる技術がリメディアルセラピーで学べます。
詳しく知りたい方はこちら

⬇︎⬇︎